2019年3月15日

知らず知らずのうちに、忍び寄ってきている『倒産・破産』・・・
アラームは気になっているのに、見て見ぬ振りしていませんか?

本日は確定申告期日最終日。なんとかクリアできてホッとされている方、個人事業主の方も多いと思います。でも、経営の目的は確定申告することではありません。確定申告書類、決算書を完成させることに躍起になって、肝心の中身、経営数字の危険信号を見逃したりしていませんか?アラーム音、危険信号が気にはなっているはずなのに、確定申告が終わった爽快感で『なんとかなるさ』と打ち消したりしていませんか?

中村公認会計-会社の健康診断03

確定申告は経営を保証してくれるわけではありません。かりに、順風満帆な経営であったとしても落とし穴はつきもの。気になる危険信号はスピードを持って対応するのが、健全な経営の鉄則です。

倒産アラームなっていませんか?

  • 預貯金が減っている
  • 商品在庫が増えている
  • 売掛金がたまっている
  • 「増運の会社」「減運の会社」の仕組みを理解していない
  • キャッシュフローを把握していない
  • 目標数字が明確でない
  • 行き当たりばったり(経営計画を立てていない)

なぜ、ウサギはカメに負けたのか?

有名な『ウサギとカメ』の話では、ウサギは慢心し、カメはまじめに歩き続けたから勝ったというのが一般的なお話です。
しかし、ウサギとカメの最も大きな違いは、「ゴール=目標」を見ていたかどうかです。ウサギはカメを見ていましたが、カメは始めからゴールを見ていました。
経営も同じこと。目標がないと、慢心してしまうことはもちろん、事業本来の目的や意義も見失ってしまうものです。

確定申告が終わった今だからこそ、次年度へ向けてしっかり歩むために、危険信号を速やかに解消して、経営の目標を明確にしていきましょう。

もちろん、ご相談いただければ、わたしたち中村公認会計士事務所が、丁寧にわかりやすくサポートさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

Nakamura Corporate Management & Accounting

2019年1月1日

謹賀新年

の一番の相談相手に

本年も、真っ先にご相談いただくことのできる
ビジネスパートナーとなれますよう精励いたします。

年頭に際して、皆さまのご健勝と ご多幸をお祈り申し上げます。
本年も、鋭意努力し、一層の貢献で、 皆さまとの和を大切にしていく所存です。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

平成三十一年 元旦

中村公認会計士事務所
所長 中村 政溫

中村公認会計-新年スローガン背景

─ 新年は七日(月)より営業させて頂きます ─

Nakamura Corporate Management & Accounting

2018年12月17日

●年内の営業は12月27日(木)まで
●年始の営業は1月7日(月)より

年末年始の営業日は、上記の通りとさせて頂きます。
お間違いのないようよろしくお願い致します。

中村公認会計_冬期休暇イメージ

Nakamura Corporate Management & Accounting

2018年12月1日

会計数字を正しく理解・チェックしない経営は、
目隠ししながら手術するのと同じです。

あなたがもし患者なら、目隠しをした医者に手術を任せるなんてことありえないですよね。会社の経営に関わる皆様が会計数字を正しく理解・チェックしないで業務に当たるのは、まさしく目隠しをした医者同然です。

中村公認会計-会社の健康診断02

12月決算が圧倒的に多い海外企業の影響もあり、決算月に入られた会社も多いと思いますが、繁忙期でカモフラージュされた数字に騙されたりはしていませんか?

中小企業の経営者は、毎日の仕事に追われています。日に日にシビアになっていく顧客対応しかり、生き残りのために新しい事業展開も考えなければいけないし、思いもよらないところからカウンターパンチが飛んできたりと。
ですが、毎日の仕事に追われながらも、頑張っているからこそ、とりあえず売上が上がっていれば「会計数字や経営数字は必要ない」と、慢心な気持ちになってしまいがちです。

会社を健全経営はもちろん、成長発展をさせたいなら会計数字をおろそかにしては絶対にダメです。

会計数字チェックポイント

  • 預借率をチェック!
  • 売掛金の回収日数をチェック!
  • 在庫日数(不良在庫)をチェック!
  • 借入金対売上高比率をチェック!
  • 年間必要売上高をチェック!
  • 現金預金比率をチェック!
  • 売上総利益率(限界利益率)をチェック!
  • 一人当たりの月間人件費をチェック!
  • 人件費1万円あたりの限界利益をチェック!
  • 役員給与推移をチェック!
  • 仮払金をチェック!
  • 貸付金推移をチェック!

一つ一つをしっかり確実に把握して、
次年度の対応を誤らないようにしてください。

ご不明なこと、ご不安なことがございましたら、
京都の会計事務所として、老舗企業からベンチャー企業まで、
経験実績豊富な中村公認会計士事務所がご相談を承ります。

Nakamura Corporate Management & Accounting

2018年11月22日

会社自身も、定期健康診断からの迅速な対応・治療が必要です。

この秋に定期健康診断(事業者健診)を実施された会社も多いと思います。人間の体においては、早期発見の重要性を当然のこととして認識されていますが、こと会社、その経営状態となると、問題・課題の早期発見の大切さを本当の意味で理解されていない経営者の方がたくさんいらっしゃいます。

会社の健康診断

今や日本人の平均寿命は、80歳以上。それに比べて会社の寿命はどうでしょうか?

新規設立会社10社のうち、9社が10年以内に倒産するといわれています。同じように人間で例えるなら、生まれたと同時に病巣の形成も始まってしまっていると言っても過言ではありません。

経営者自身が自分の体のように、会社の問題症状を早期に発見し、迅速に改善・治療することが、経営の鉄則です。

自己診断のための経営指標を
わかりやすい言葉でピックアップすれば

  • 効率よく儲けているか?
  • 返済能力に問題ないか?
  • 潰れないか?
  • 安定的に儲けているか?
  • 人件費負担に問題がないか?

と言ったところになりますが、これらを自信満々に答えられる経営者の方は、なかなかいらっしゃらないはずです。

自分の体と同じように会社の健康状態を過信せず、
京都の会計事務所、中村公認会計士事務所にご相談ください。

経験・実績豊富な信頼できる専門家として、しっかりとサポートさせていただきます。

Nakamura Corporate Management & Accounting