2020年2月20日

診断すべきは決算書ではなく『経営』です!

総決算月を目前に、決算セールの広告やDMを目にする機会が多くなってきました。
少しでも売り上げを伸ばすために頑張ることはもちろんですが、
その決算に至ったこれまでの動向を的確に振りかえることによって、次年度への弾みをしっかりつけられる決算にして頂きたいですね。

決算セールのイメージ

中村公認会計士事務所では、経営改善を目的とした決算のカウンセリングを行なっています。決算書の診断はもちろん、社長様、経営陣へのヒアリング、ビジョンの確認と問題点の洗い出しを通して、未来を的確に見据えた経営アドバイスをさせて頂きます。

1年分の分析ではわからない数値の変動や傾向も見逃すことなく、多角的に診断し、業界平均との相対評価や数値対比により御社の立ち位置を明らかにし、経営のプランニングへとつなげていきます。

また、会計数字が得意でないという方にも明確にご理解いただけるよう、わかりやすい資料でご説明・ご案内させて頂きます。これは、経営の舵きり、方向性を社内に浸透させるための時間と労力を大きく省くことにもつながっていきます。

その他、中村公認会計士事務所ではベンチャー支援、黒字経営支援も行っていますので、あらゆる方面から経営を多角的にサポートさせて頂くことも可能です。こういった、熱量のある時期に、ぜひご相談いただき、次年度へのスタートダッシュを決めていただければと思います。

Nakamura Corporate Management & Accounting